住宅設備のよくあるトラブル

飯野物産では「エアコンの効きが悪い」、「給湯機からお湯が出ない」、「トイレの水が止まらない」などの住宅設備のトラブル解決も行っています。毎日たくさんのお客様にお問い合わせを頂き対応させて頂いていますが、その中でもよく頂くトラブルについて紹介します。

【トイレの水が止まらない】
トイレのタンクの中には「水を流すための部品」と「水を溜めるための部品」がいくつか配置されています。トイレの水が止まらない場合は、このタンク内の部品のいずれかが故障していることがほとんどです。壊れた部品を交換すれば直る場合が多いのですが、故障個所の特定が難しい場合はお問い合わせください。
【お風呂でぬるいお湯しか出ない】
お湯と水の量を調節できるサーモスタット式水栓の場合「温度調整ハンドル」が適切に調整されていない場合があります。適温のお湯が出る位置にハンドルを調整してください。これでも解決しない場合は給湯器側の故障も考えられますのでお問い合わせください。
【エアコンから冷たい風が出ない】
エアコンが室内の温度を上げ下げする仕組みに必要な冷媒ガスが不足している可能性があります。冷媒ガスの不足には以下のような原因があります。

  1. 配管の亀裂による冷媒ガス漏れ
  2. エアコン移設の際のガス漏れ
  3. 取り付け工事のミス
  4. エアコンの初期不良

室外機の側面カバーを外し配管に霜が付いていれば、配管の亀裂によるガス漏れがほとんどです。エアコンの修理もお気軽にお問い合わせください。

今回はほんの一例の紹介となりましたが、住宅設備のトラブル解決は飯野物産にお任せください。他社で購入・設置をしたものでもOK!お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 熱中症を防ぐ夏のエアコン活用法
  2. エアコン
  3. 梅雨のイメージ
PAGE TOP